シュガーズクラブのバナー
no1男性も女性も無料!
測尺されたいならココがNO.1のテレクラサイト!近所で探してその日のうちに会って即尺H可能!
ハニーラインのバナー
no2目的がハッキリしているから早い!
激エロ人妻、熟女が多数登録しているテレクラ無料出会いサイトです 熟女との出会いは超濃厚エッチ!女性の口コミも独身時代より充実してますという声もありました。
スイートコールのバナー
no3割り切った関係なら
熟女は意外と押しに弱いのです。ここの熟女会員はお願いすれば楽にやらせてくれます。
女性と即会い!互いに既婚者で時間が無く、車内でのセックス希望も叶えられた口コミで話題!

テレクラの復活にはこれらの人妻の要素が噛んでいた!

ネットでは「人妻と会いたければテレクラへ行こう」が合言葉になっています。
ネットの中だけではなく、コンビニの雑誌コーナーでも「人妻・熟女」関係の本が幅を利かせています。
一般男性にとっては「あのコーナー」は気になる存在ではありますが、横目で見るぐらいで立ち止まるには相当の勇気が必要のようです。
最近ではお笑い芸人が公然と人妻・熟女好きを公言したりして、人妻・熟女好きが市民権を得るまでになってしまいました。

テレクラに人妻が集まる訳は、子育てからの開放やセックスレス夫婦の増加に原因があると見られています。
人妻は原則的に現在の地位・生活・婚姻関係を崩したくはありません。
いかに夫に不平不満があったとしても、この原則は遵守します。
自分の食い扶持を自分で稼ぐことには戸惑いを感じるからです。
年相応の思惑と計算が働いているからと思われます。

「人妻と出会いたい」と思うのであれば、テレクラが一番かもしれません。
サクラやスパム的なメールもありません、メール交換も必要ありませんから。
人妻を攻略するには、「郊外のコールセンターからホテルへと直行」、というスピードが必要です。
人妻は曜日と時間が限られていますから、スピードを重視しなければなりません。
しかし、充分な理解を得て信頼を築く必要はあります。

信頼を築くことともう一つ大事なことは、彼女たちを「女」として扱うことです。
ともすれば「人妻だから」と、勝手にセックスに長けているとか、エロいことが好きだとかの情報が先に来て、そんな目で見ることはNGです。
人妻を女として扱うことは紳士のたしなみでもあります。
ここで「子供や夫の話」は絶対にしないようにしましょう。
個人の生活に立ち入ることは止めます、それが大人の関係というものです。

いきなり繋がった電話の相手に、一体何を話したらいいのでしょうか。
テレクラに電話したのですから、セックスをするのが目的のはずです。
目的達成のための会話は自己紹介から始めて、
相手の女性にコールしてきた目的を聞いてみます。
相手女性のコールの目的がいまいちはっきりしない時は、成功はしないでしょう。
「その気のない相手をその気にさせる」ことは至難の業です。
特にポイントがかかっていますから、時間の無駄です。
早々に退却して別のコールを待ちましょう。

自己紹介は大事です、と言われてもありきたりの自己紹介では、相手には響きません。
とにかくポジティブな言葉を選びましょう。
職業は横文字に変えると受けがいいようです。
新聞配達員でもマスコミ関係、パチンコ店員ではアミューズメント関係とか、いろいろありますが自分の職業を横文字にしてみましょう。
電話だけの応対ですから、自分の紹介では誰かタレントに似ていることをアピールしてもいいでしょう。

テレクラは映像がありませんから、相手の声と話の内容だけで判断しなければなりません。
それは相手も同じです。
テレクラでは電話での会話が成功しないと、次へのステップはありません。
次のステップに繋げるためには、とにかく誉める・「すごい・かわいい」を連発することが大事です、たとえ人妻であってもこれは大事です。
これらの言葉を言われて気分が悪くなる人はいません。
見え透いていてもこれを繰り返しましょう。

相手の言ったことには否定はしないことが必要です。
長く付き合っている場合は別として、否定はしてはいけません。
質問は趣味に限定してみて下さい。
趣味の内容は相手に合わせることが重要です。
相手に合わせるためには、あらん限りの知識を総動員させて対処しなければなりません。
そこで誠実さをアピールできるとしたら、やらない手はありません。
質問はどんどんすればいいものではありません。
質問内容は三個ぐらいが適量でしょう。
あとはそれを膨張させていきます。

テレクラでは電話での会話で会うか会わないかが決まります。
つまり、電話での会話力が出会いの成否を決定することになります。
電話での会話によって相手は、会うのか会わないのかの決定権があります。
相手にOKを出させる会話力とはどんなものなのでしょう。
相手は人妻ですから、そんじょそこらの小娘とは訳が違います。
たとえ電話での会話でも、会話の裏にある嘘には敏感です。
少しぐらいぎこちなくとも、誠実さをアピールしたほうがいいでしょう。
とにかく「この人となら会いたい」と思わせることができなければ、不成功な訳ですから、日ごろからの誠実さは肝要と言えます。

「会いたい」という欲求は通話10分ぐらいで伝えたほうがいいです。
たとえ最初の段階で断られたとしても、弾んだ会話が続くようならば、いい印象を持っているということなので、再度頃合を見て「会いたい」といってみましょう。
二回目でOKが出る場合もありますから。
とにかく、「弾む会話」がなければ、その後はありません。

「人は見てくれでなんぼ」という言葉がありますが、テレクラでは見てくれを表現することはできません。
しかしそれに代わるものがあります。
それは「声」です。
声の質は変えられないかもしれませんが、口を大きく開けて話すことは可能です。
ぼそぼそと何を言っているのかわからない声は、相手をイラつかせます。
何回も聞きただすことは、誰でもしたくはありません。
自然と、会話は成立しなくなり、その後もないことになります。
たったこれだけのことで、人気の人妻を逃がしてしまうことは、もったいないことです。
普段からのしぐさや癖がマイナス要因とならないように気をつけましょう。

不特定の男女の出会いの場というのを調べてみると、実にいろんなサイトがあるのがわかります。
種類も実にたくさんで、初心者向けと書かれているものや、中高年向けのもの、ピュアをうたうものなど、なかには本当なの?とびっくりしてしまうところもあります。
でも、こういったインターネットを気軽に利用した出会いが一般的になったのは、パソコンや携帯電話の普及があったからこそ。
その前は、電話を使うことしか男女の出会い手段がなかった時代もありました。
そう、テレクラです。
それを思えば、今はいい時代です(笑)
今もテレクラは存在していて、インターネット上でも出会い系サイトのサービスの一部として利用できますが、歴史は意外と古いのです。
ちょっと、興味がわいてきたので、そのテレクラや出会いサービスの歴史をたどって見ることにしました。
すると、意外な事実が……。

■歴史のお話
ペレストロイカという言葉が、日本でも認識され始めたころ。
まだベルリンの壁があって、ドイツが東西に分かれていていた頃。
ロシアもウクライナもまだソ連(ソビエト連邦)の一部だった頃。
テレクラはもう存在していました。
そう考えると、なんだかすごく古い時代に感じてしまいますね。
1985年(昭和60年)頃に、新宿の歌舞伎町にちらほらとできはじめて、すぐに100件以上の数が営業していたはずです。
同じ頃に、NTTの「伝言ダイヤル」や「ダイヤルQ2」など、主に電話を利用した出会い系のサービス(本来NTTは出会い系のサービスとして登場させたわけでは当然ありません)があり、世の中の男は高い金を払い、出会いを求めていました。
一方で、1990年(平成2年)頃にはすでに日本でもインターネットが認知され、まだごく一部の人たちでしたが、電話回線を使った当時のパソコンで、交流を始めていました(まあ、いわゆるオタク層中心なので、最初の内容は地味でした)
ですが、数年経ってインターネットの存在が大体知れ渡ってくると、もうその頃には、インターネット上の出会い系サイトは存在していたと思います。

■インターネットの発達とともに
21世紀になるという頃(2000年頃)には、インターネットに画期的なサービスが展開されます。
「ブロードバンド」の開始です。
ブロードバンドとは、高速回線のこと。
今までの何十倍も速いスピードでインターネットができるようになったのです。
テキスト中心だったインターネットは、写真が多用されるようになり、さらには動画が流れるようになったのです。
出会いのサービスも、その流れに乗って多様なサービスを始めるようになり、店舗型としては廃れてしまったテレクラが、「声のサービス」としてジャンルの一部として仲間入りしました。
インターネット回線を、声の利用で使うあたり、アダルト業界の頭の回転の速さはピカイチですね。
その後のインターネットの発展は、皆さんが知っての通り。
日本中どこからでも、気軽にインターネットが楽しめるような環境が整備されました。
パソコンや、インターネットの発達と同時進行で普及したのが携帯電話です。
1990年代の半ばには、NTTドコモから「iモード」が発表され、携帯電話を使用してのインターネット接続が可能になっていました。
ブロードバンドの整備とともに、携帯電話もスピードアップの波がやってきます。
2001年には、「3G」と呼ばれる高速回線サービスが始まり、携帯電話を使用して様々なことができるようになりました。
この3G携帯電話の普及は、今までパソコンを持てなかった層にまでインターネットの裾野を広げたのです。
家にパソコンがなくても、あるいは自分専用のパソコンがなくても、携帯電話を使用してそれこそ手軽にインターネットの利用ができるようになった画期的なものでした。
この携帯電話の普及は、インターネットの利用者の年齢層をぐっと低くすることにもなり、今までインターネットにはあまり関わり合いのなかった10代まで引き下げることに成功しました。
2008年になると、日本でiPhoneが発売開始。
その後のスマートフォンの発展は、よくご存じだと思います。
あれからまだ6年くらいしか経っていないのですね。
携帯電話とスマートフォンの発展は、パソコンから主役の座を奪ったのです。
出会いの中心は、携帯電話とスマートフォン向けに特化するようになってきました。
スマートフォン全盛の今、テレクラでさえも、アプリを使って利用するようになってきたのです。

■振り返ってみると意外な事実
こうして考えてみると、テレクラの発展→衰退→復活という流れは、インターネットや機械、機器の発展に非常に大きく依存していることがわかります。
インターネットがなかったのでテレクラは登場・発展し、インターネットの発展でテレクラは衰退し、インターネットの多様化でサービスの一部としてテレクラが復活する、という図式が成り立ちます。
インターネットがこれからどういった発展の仕方をするかは定かではありませんが、少なくとも存在そのものが廃れてしまうことは考えにくいでしょう。
とすれば、テレクラも存在し続ける?と安易に考えてしまうのは、やり過ぎでしょうか。
でも、いつになっても声のコミュニケーションは大切ですし、人間が人間である以上なくならないはず。
きっと、形を変えながら、需要を変えながら、テレクラはきっとしぶとく生き残っていくはずです。

北海道で体験した結果凄いとわかった無料テレクラ

無料テレクラ。
なんかちょっとダークなイメージと、期待感をあおるなにか非日常的な感じがありますよね。
今のテレクラは、ちょっとしたテレクラ今、出会い系サイトの一部みたいになっていたりして、その時代とともにいろいろと変化していくものだなあ、と感心したりしています。
中には、スマートフォンのアプリを使って、テレクラを体感できるようなものもできてきました。
思えば、テレクラ呼ばれるものが登場して結構な時が経ちました。
インターネットのない頃から、電話のコミュニケーションの場としてテレクラ サイトは登場し、たくさんの店舗があって、大阪 テレクラ&岐阜 テレクラとかも今思えばそれが当時の出会い系の始まりだったのだな、と思います。
また、自宅でも利用できるテレクラもありました。
当時はテレクラとは別のカテゴリになっていましたが、今現在のテレクラは自宅などから利用する「無店舗型」が多いので、そのはしりですね。
今回は、それらをちょっと紹介してみようと思います。
テレクラという言葉とは別の名前が与えられていたのもの、当時らしいです。

■ダイヤルQ2という「テレクラ」
NTTが提供していた、情報量徴収システムのことを総称してそう呼んでいました。
始まったのは、1989年とのことで、今から25年も遡ることになります。
当時、ニュースや情報を提供する番号としてスタートしましたが、すぐにアダルト系の出会いサービスや、テレクラの自宅版のように利用されてしまって、テレクラ 広島女性Q2と言えばアダルト系・テレクラ系が代表格になってしまうほどに普及しました。
立派な自宅版テレクラの誕生です。
ダイヤルQ2を利用するのに、特別な手続きは必要ありません。
「0990」から始まる専用の電話番号にかけるだけ。
家の電話から誰でも利用できたのです。
テレクラ情報料金は、NTTの回線使用料(いわゆる電話代)の他に、情報量という名目のコンテンツ代金が別途請求されます。
利用料金は、総じてテレクラ系は高いものが多く、3分間で300円もの「情報量」がかかるものもありました。
1時間利用すると6000円にもなるので、風俗やキャバクラなどとなんらかわりはありません。
それどころか、風俗やキャバクラと違って「話をするだけ」「顔もわからない」「触れない」ことも考慮すると、テレクラ優良サイト今考えると相当割高なサービスでもありました。
こんな料金設定なので、当時は大問題になりました。
NTTから高額の料金が請求されたり、援交の温床になると言われたり、それはもう大変な騒ぎでした。
NTT側の規制もいろいろとあったようですが、いつの時代もこういった問題はいたちごっこ。
いろんな手を考えながら、業者もいろいろな「サービス」を提供していました。
当時の記憶として、電話代が非常に高くなるというのはわかっていたので(ニュースでは数十万、数百万の請求があったと報道されていました)、ほとんど使用しませんでした。

■ツーショットダイヤルという「テレクラ」
ダイヤルQ2は高くて、問題があって、利用者もだんだんと減ってしまったのでしょう。
業者は別のサービスを作り出しました。
当時の自宅版テレクラの次なる手は、長崎テレクラ料金後払いシステムもOKな一般電話回線、つまり家の電話を利用したものでした。
インターネットを使用した現在のテレクラ 永久 無料のように、専用の電話番号が用意されていて、そこにアクセスして利用する、といったものです。
利用料金は、大体1時間女性と話して4000円~6000円くらいだったと思います。
支払い方法は、前述の後払いと、プリペイドカードなどではらう先払い方式、銀行振り込み方式などがあって、先払いは料金面でテレクラ安心サイト優遇されていたと記憶しています。
このツーショットダイヤルも利用に難しいことはありません。
なにしろ電話ですから、雑誌などに載っている(当時はホントにたくさんありました)番号にかけるだけ。
男性の場合は料金がかかる(女性は無料)登録の手順があります。
利用する電話番号をピポパと入力すると、テレクラ 永久 無料折り返しシステムから電話がかかってきます。
OKをすると、登録され、つぎからその電話番号と暗証番号を入力すると利用できるといったものでした。
登録が済んでいざ実際にかけてみると、だいたい待たされました。
時間によっては、すぐにつながる所もありましたが、逆にすぐつながるのはサクラが多いとして、当時はあまり信用していませんでした(笑)
待っている時間は、まちまちです。
男性の利用が多くて時間帯も悪ければ1時間程度何もないこともありました。
待っている時間は、なにもすることがありません。
いつ、つながるかわからないので、他のことをできなかった記憶があります。
なので、じっと流れるBGMを聞いて待つことになります。
BGMもある程度の時間で繰り返しかかるので、同じ曲を何度も聞くことになるのですね。
すっかり覚えてしまいます。
当時の鮮烈な記憶として、QUEENの「We Are The Champions」があって、今でもその曲を聴くと、電話をしながら待っていたあの時間のことを思い出します。

■当時の自宅版テレクラを振り返ってみて
今だから話しますが、女子専用のテレクラ、テレクラ エロコミュ新着ツーショットダイヤルを利用したテレクラは、利用料金を払った記憶がありません。
後払いシステムをいつも選んでいたので、電話を先に済ませてしまうことになります。
でも、後払いシステムの登録には、個人情報はなにも登録しません。
登録しているのは電話番号のみで、名前も、住所も、カード番号も、必要ありませんでした。
請求と言ってもシステムから「払って下さい」と自動音声で電話があるのみで、テレクラ 大阪 女性すぐに切ってしまうことも可能。
そのうち、それもかかってこなくなってくるという感じでした。
後払いの場合、テレクラ 人気利用者の良心によって成り立っているという、なんともテレクラマックス登録なし完全無料テレクラユルくて、半端なシステムで、いい時代だったな、なんてちょっと感じています。
もう、絶対にテレクラ 非援再現はできませんね(笑)

新着情報

◆2014/08/29
気に食わなければ読み流してくださいの情報を更新しました。
◆2014/08/29
もう誕生日もクリマスもいらないの情報を更新しました。
◆2014/08/29
万以上の車を買うときや何千万の不動産を買うときと同じような心理が働くの情報を更新しました。
◆2014/08/27
不安と焦りから起きる衝動の情報を更新しました。
◆2014/08/26
彼のことはあなたが一番よく知っていますの情報を更新しました。